妊婦生活に特別なことは必要ない。
でも、生活習慣は改善した方が良いと思います

妊娠すると、良いことも大変なこともいろいろあるものです。
心配なことも起こるし、自分ではよくわからないことも起こる。
でも、日常は変わりなく続いているので、何も変わらないような気もするし…。
何か変えないといけない気はするけれど、どうしたものか…。

そんな、不安や喜びはあるけれどちょっと面倒さもある妊婦さんへ。
わたし自身が妊娠生活を送る中で良かったことや失敗したこと、気をつけたことなどまとめてみました。

悔いの残らない妊婦生活を送るためにも、何か参考にしてみていただけたら嬉しいです。

わたしはBMI30超えの高リスク要注意妊婦でした

そんなわたしはもともと、BMI30を余裕で超えている要注意妊婦でした。
体重があと5キロ増えたら大学病院など大きな病院に行ってもらわないといけない、と初回にはっきり言われていたのです。

でも、生活(主に食事)の見直しを続けてみたところ

  • 結局、体重はマイナス2キロで出産
  • 妊娠中も尿検査で引っかかることもほぼなく
  • 血圧ももちろん問題なく、血液検査もちゃんとクリア
  • 妊娠線やシミなども1つもできることなく過ごせて
  • 陣痛も自然にやってきて安産で無事出産

と、超優良な妊婦生活を送ることができたのです。
(先生にも「まさかここまでできるとは思わなかった」と言っていただけたほどでした)

妊娠する前から太っていたらダメだとか無理だとかはありません。
妊婦になってから、どう過ごすかで180度変わるものです。
確かに慣れは必要ですが、より健康的な生活を目指すためにも、いろいろ改善してみるのが大切だと思います。

Page top icon